売るときに必要な費用

家を売ると、売った金額がそのまま利益とはなりません。不動産会社を通せば仲介手数料が発生し、住宅ローンや登記の費用、各種税金、引っ越し費用が必要です。住宅ローンが残っていれば、抵当権抹消のための費用がかかります。不動産会社を通す場合は、仲介手数料や契約金額に応じて印紙代がかかります。

税金税金に関しては、譲渡所得税が発生します。
ただしこれは、買ったときの値段よりも、売ったときの値段が高く、差し引きで利益が出た場合のみです。
譲渡所得や、住民税、所得税などを計算し、譲渡所得税が発生するか計算します。
発生する費用で忘れてはならないのは、不動産会社の仲介手数料です。
不動産会社が直接家を買い取るときは発生しませんが、買い主を見つけるときは仲介手数料は発生します。
宅地建物取引業法によって、取引価格ごとに上限はあり、売買価格の3.24%+64,800円までとなります。(参照資料:不動産売却のコツ – 高く家を売る研究
多くの不動産会社では、仲介手数料を売買契約時に半分、決済時に残り半分の支払いといていることが多いです。
中には、仲介手数料を安くして、それをうりにしているような不動産会社もあります。

発生する費用は、印紙代などはあらかじめおおよその金額はわかりますが、仲介手数料が高いか安いか、総合的な費用も高くなるか安くなるか違ってきます。